昼は仕事。帰宅後は育児。そして夜にGAMEをしようと画策するも子供と一緒に寝てしまう男の日記。


by fe-bull
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

3年目ステップリーグ前半戦

GKはるか が活躍の場を求めN1の富山へ移籍してしまった。
契約更改したので油断していたが、カップ戦1度の出場では
彼女を引き留める事はできなかったか。。
しかし、移籍してしまったものは仕方が無い為、新たにオファー

京都ブロス GKいちょう 100万円
新町ルドルフ DFなんばら 50万円
白浜イレブン MFみきもと 100万円

GKいちょうには断られたため、
新町ルドルフ GKつなしま 250万円にオファーし、獲得。

22名となり、練習試合とステップリーグで選手のローテーションが
行えるようになった。

チームは開幕戦に向けて再び練習試合中心にトレーニングを行う。
ひのくま が特訓した結果、中盤の底までボールを受けに下がってくるように
なってしまった為、ゴール前に待機しそうな特訓に変更しなければ。

中盤はまちだを除き、「トライアングル」でパスサッカーの意識づけを行う。
DF陣は今のままでそんなに大崩れしない事が昨年を通してわかったので特に特訓は行わず。

また、いざという時の為に、FWやまうちを集中的に特訓する事にした。
2月3週まで特訓を行い、開幕までの4週間は特訓を行わずに開幕戦に備える。

3月3週、迎えた2年目のステップリーグ開幕戦。
アウェイで昇格した西条と対戦する。
開始からめまぐるしく主導権が入れ替わる展開に。
お互い決定機を作るが、ジョケイバはシュートが枠をとらえれない。
一方、相手の決定機には、GKひらおか がファインセーブを連発。
前半だけで3失点してもおかしくない状況だった。
後半に入り疲れがみえる西条に対し攻勢を強めていく。
67分、中盤でボールを奪ったきもつき からのロングフィードが
攻め上がっていた相手DFの裏のスペースに入り込んだフリーのゲマールへ。
GKとの1対1を冷静に決めて先制点!
この1点が決勝点となり、開幕戦を勝利で飾った!

A クラシコ西条 0-1 WIN


4月1週 第2節、東島をホームにて迎え撃つ。
前節に続き、ホームでの勝利を狙うジョケイバだが、ボール支配率は高いものの
遠目からの力ないシュートで攻撃を終わる事が多く、決定機を作れない。
相手にチャンスらしいチャンスを与えないが、こちらもチャンスを作れず
スコアレスドローとなった。

H 東島ビクトリー 0-0 DRAW


4月2週 第3節、城南とのアウェイ戦。
前半、しっかりとした守備意識を持って試合を臨んだジョケイバが
試合を支配。相手のシュートを1本に抑える事に成功した。
後半に入り勝負を仕掛ける。
48分、中央のゲマールが左サイドにしおた を走らせる正確なパス。
相手との競り合いにかったしおた がラストパス。ひのくま がきっちりと合わせて
先制点を奪う。
勢いにのり攻撃の手を休めないジョケイバは、58分、ゴール右やや遠目からのFKを得る。
キッカーはあいこ。目の覚めるようなFKが直接ゴールに吸い込まれ追加点!
更には75分、今度は右サイドにいたゲマールがDFを引き付けてラストパス。
中央のひのくまが泥臭く押し込んでダメ押し!
3ゴールを奪う快勝となった。

A 城南タキオン 0-3 WIN


4月4週 第4節、ホームで富士見との一戦。
ここまで無敗のジョケイバ。ホームで富士見を叩けるか?
前半、ホームで出足鋭いジョケイバが優位に試合を進めるも、
決定力不足は相変わらずでボールが枠を外すか、力の無いシュートが相手GKに届くばかり。
後半63分、中途半端なクリアがフリーの相手にわたってしまいゴールを奪われる。
攻めに転じたいジョケイバだったが、ボールが途切れず選手交代が行われぬまま
試合終了となってしまった。

H ダイハード富士見 0-1 LOSE


5月1週 第5節、ホームに北野を迎えての一戦。
ホームながら、守備的な戦いを選択してしまった為、
自陣からなかなかボールが前に進まない。ただただ時間だけが経過する
前半となってしまった。
後半から好守バランスを意識するように変更。
だが、スイッチが切り替えられなかったか、なかなか攻め入る事が出来ない。
ボールは支配するもののチャンスを作れずスコアレスドローとなった。

H 北野ブリザード 0-0 DRAW


5月2週 第6節、西条をホームに迎える。
連戦に備え、ゲマールを休ませやくまる をスタメンに起用。
試合開始から積極的に攻撃を仕掛けるジョケイバ。しかし、前がかりとなったところで
カウンターをくらってしまい、相手の初シュートで先制点を献上してしまう。
しかし、直後の22分、左サイドのしおた から中央のひのくま へ。ひのくま がヒールで落とした所に
走りこんだすぎもと がダイレクトで右サイドまちだ へ。まちだもボールに追いつきダイレクトで
中央に折り返すとひのくま が合わせて同点とする!
これで勢いにのったジョケイバは36分、まちだ からのロングフィードに抜けだしたのは
再びひのくま!逆転となるゴールを奪う!
後半に入りしっかりとボールを回しつつチャンスをうかがう。
55分、最終ラインからのロングフィードをすぎもと がキープしシュート。
これは前にいたひのくま に直撃するも、こぼれ球はあいこ の足元に転がりミドルシュート!
見事に決まり突き放す。逆転勝利でホーム初勝利を手にした!

H クラシコ西条 3-1 WIN


5月4週 第7節、東島とのアウェイ戦。
アウェイということで守備意識を高めて試合に臨んだ結果、
やはり自陣でのボール回しに終始してしまい、ボールが前に運べない。
37分、相手左CKをひのくま がクリアミス。相手にギフトパスとなってしまい、
先制点を奪われる。
後半に入り、1点を取りに行くが前がかりとなった相手の圧力に
ゴールキックを奪われては攻められるという展開に。
結局、シュート4本に抑え込まれ敗戦となった。

A 東島ビクトリー 1-0 LOSE


6月1週 第8節、城南をホームに迎える。
前節攻撃が機能しなかったため、ゲマールに代えてやくまる を再び起用する。
21分、むなかた が空けたスペースを突かれ失点。たまに攻め上がってしまうので特訓が必要か。
30分、中盤でのボールの奪い合いからボールを受けに下がったひのくま に。すかさず右サイドへ
スルーパス。これに走りこんできたのはオーバーラップしたDFきくち。
GKの股を抜くシュートで同点とする!
後半に入るとやくまる が先発起用に応える活躍を見せる。
51分、やくまる が左サイドに流れていたあいこ に正確なパスを通すと
あいこ がGKを見て技ありのループシュート!勝ち越しに成功する。
68分には右サイドからのクロスを相手DFがクリアしたボールをセンターライン上でキープした
やくまる がスルーパス。密集を抜けたボールは再びあいこ へ。
今度は強烈なシュートと突き刺しリードを広げた。

H 城南タキオン 3-1 WIN

無特訓のやくまる が活躍するということは現在のシステムでは
ゲマールに行った特訓は失敗だったか。試行錯誤は続く。


6月2週 第9節、富士見とのアウェイ戦。
ゲマールに代えてしばらく やくまるをスタートで起用することに。
前半、ボールを支配するも、前線にまでボールがつながらないという展開に。
前半終了間際の44分、うえの の横パスをカットされ失点してしまう。
後半、疲れの見えるひのくま に代えてやまうちを投入。直後の64分、
相手ゴールキックをすぎもと が競り合いやまうち へ。やまうち は一瞬タメを作った後
スルーパス。あいこがDFの裏を取り同点のミドルを突き刺した!
最後まで攻めの姿勢を見せるも得点は奪えず、ドローとなった。

A ダイハード富士見 1-1 DRAW


6月4週 第10節、北野とのアウェイ戦。
ひのくまに代えてやまうちを起用。
試合は前半からジョケイバペース。相手のシュートを1本に抑え込む。
しかしこちらはゴール前での決定力を欠いて得点は奪えず。
後半59分、中央で細かいパスをつながれて失点してしまう。
75分、しおた からのパスをやまうちがDFを一人かわしてシュート!
同点に追いつく。試合終了間際にはやまうちがGKと1対1となるも
シュートは左にそれてしまい、試合終了。

A 北野ブリザード 1-1 DRAW


前半戦を終えて得失点差ながら2位につけた。
1位富士見が頭一つ抜けて北野と東島が混戦模様。
地味ではあるが、特訓で中盤にトライアングルをさせた効果か?


富士見 21 6勝3分1敗 +15
府中 16 4勝4分2敗 +6
北野 16 4勝4分2敗 +4
東島 16 4勝4分2敗 +1
城南 7 2勝1分7敗 -13
西条 6 2勝0分8敗 -13
[PR]
by fe-bull | 2012-08-08 20:03 | カルチョビット