「ほっ」と。キャンペーン

昼は仕事。帰宅後は育児。そして夜にGAMEをしようと画策するも子供と一緒に寝てしまう男の日記。


by fe-bull
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28

<   2012年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

7月2週 第11節ホームに城南を迎える。
ひのくまに代えてやまうちを起用して試合に臨む。
開始5分、ゲマールのクロスにやまうちがヘッド!
先発起用の期待に応え先制点を奪う。
その後もボールを支配し試合を有利に進める。
44分、中盤でのボールの奪い合いからボールを奪うと
まちだのクロスに合わせたのはオーバーラップしていたDFうえの!
リードを広げて前半を終える。
後半、やや守備的に試合を進めて相手に反撃の隙を与えない。
61分、ひろおかのゴールキックを相手DFが処理にもたついている間に
やまうちがスルスルっと抜け出しGKと1対1に。冷静に決めて3点差とした!

H 城南タキオン 3-0 WIN


7月3週 第12節、青葉とのアウェイ戦。
アウェイながらチャンスを作り青葉ゴールに迫るジョケイバ。
しかし14分、右コーナーからワンチャンスをものにされ失点してしまう。
この後も猛攻を見せるも最後のシュートが枠に飛ばず、得点が奪えない。
ボールは保持しているため、徐々に前がかりとなっていた43分、
オーバーラップしたうえのがシュートを放つ。これを相手GKがパンチング。
見事なカウンターパスとなってしまい、うえのが空けた穴を見事につかれ失点。
後半に入り、ラインを上げてさらに攻める姿勢を見せる。
69分、オーバーラップしたきもつき にまちだ が見事なスルーパスを通し
きもつきがゴールを奪う。このタイミングですぎもと、どうめき、しおたと3枚交代。
80分、すぎもと がセンターサークル付近で相手パスをカット。
すかさず出したスルーパスにあいこが走りこんで同点に追いつく。
勢いそのまま85分、再びカウンターからあいこ が決めて逆転に成功!
2点差をひっくり返す勝利となった。

A マルカトーレ青葉 2-3 WIN


7月4週 第13節、北野をホームに迎えての一戦。
前半16分、左コーナーのチャンスにまちだ が頭で合わせて先制するも
直後の21分、うえの のクリアミスを拾われ失点してしまう。
しかし、34分まちだ のクロスにゲマール、ひのくまが飛び込む。
ゲマールには合わなかったが、ファーにいたひのくまが滑り込みながら合わせて
再びリードを奪うと、このゴールを守りきり3連勝!

H 北野ブリザード 2-1 WIN


8月3週 第14節、ホームで首位富士見との一戦。勝ち点差を縮めるためにも
勝利が欲しい所だ。
前半、3分にいきなりの失点で浮足立つと32分にも失点し、2点差で前半を終える。
後半、さいじょうに代えてすぎもとを投入。徐々に流れがジョケイバへと。
70分、ゲマールからのパスをすぎもとが押し込んで1点を返すと、
どうめき、ひらおを投入し、ラインを上げて攻める。
76分、左サイドを突破したどうめきがクロス。ひのくまが頭で合わせて同点!
そして迎えたロスタイム。最後のワンプレーとなる左CK。
うえのが頭で落とした先にはひらお!逆転ゴールを奪う!!
選手交代が見事にハマり逆転で4連勝!勝ち点差を1へと縮めた!

H ダイハード富士見 3-2 WIN


8月4週 第15節、東島に乗り込んでのアウェイ戦。
前節の勢いそのまま東島へ乗り込み22分、右CKをゲマールが頭で合わせて先制!
その後もチャンスを多く作るも決定力を欠いて追加点を奪えないまま後半へ。
後半開始直後。失点し同点に追いつかれてしまうと流れが東島へ。
その後の試合は東島の攻撃を粘り強く跳ね返す展開となる。
どうにか守りきり、ドローとなったが、
富士見も引き分け、勝ち点差は変わらず、1のまま。

A 東島ビクトリー 1-1 DRAW


9月3週 第16節、城南とのアウェイ戦。
ボールを支配し、城南に攻め手を与えないが、パス回しに終始し
遠目のシュートを放つだけの攻撃が続く。
前半ロスタイム、ボールを受けに下がってきたひのくま に相手DFもつられ
空いたスペースに走りこんだのはあいこ!ひのくまがスルーパスを通し
あいこ が強烈なシュートを突き刺して先制する。
後半に入っても流れは変わらず、チャンスを作る。
69分、さいじょう のスルーパスで裏に飛び出したのはひのくま!
きっちり決めて追加点を奪い勝利!

A 城南タキオン 0-2 WIN


9月4週 JAPAN CUP1回戦
N1の函館ペンタゴンとの試合。
前半、ドン引きでゴール前を固めた事もあり、0-0で折り返すも
後半4失点で今年も1回戦敗退。

函館ペンタゴン 4-0 LOSE


10月1週 第17節、青葉をホームにて迎え撃つ。
優勝へ向けて負けられないジョケイバが青葉を圧倒。
20分、セットプレーからうえの。24分、カウンターからひのくま。
36分、まちだのヘディングで3点を奪うと
後半に入ってから、あいこが58分、86分とゴールを奪い、5得点で勝利!
また、首位富士見が敗戦したため、勝ち点差2で首位を奪った!

H マルカトーレ青葉 5-0 WIN


10月2週 第18節、北野とのアウェイ戦。
ひのくま に代えてやまうち、ゲマールに代えてどうめきを起用。
前半はお互いにチャンスを作るも得点は許さないという膠着した展開に。
しかし、終了間際44分、先発起用の期待に応えやまうち が先制ゴールを奪う。
後半70分過ぎあたりから北野がペースを掴み、一方的に攻め立てる。
なんとか踏ん張っていたが、89分、失点してしまい、ドローとなった。
富士見も引き分け、勝ち点差2のまま、次節富士見との天王山を迎える!

A 北野ブリザード 1-1 DRAW


10月4週 第19節、富士見との天王山。勝てば文句なしで優勝が決定する。
アウェイという事でまずはしっかりと守備から入るジョケイバ。
ボールを回し、富士見に主導権を渡さない。
後半に入っても流れは変わらず。試合が動いたのは72分。
カウンターからひのくまがシュート!バーに当たるも再びボールはひのくまの元へ。
今度は確実に流し込み先制!!
この1点を守りきり、勝利!優勝が決定した!

A ダイハード富士見 0-1 WIN


11月2週 最終節、東島とのホーム戦。
優勝が決定しているため、控えGKつなしまを起用。
また、今季出場機会の少なかった選手を起用して臨んだが
前半で2失点してしまう。
後半、2点を返しなんとかドローで最終戦を終えた。

H 東島ビクトリー 2-2 DRAW


府中 43 13勝4分3敗 +20
富士見 37 11勝4分5敗 +12
北野 29 8勝5分7敗 +0
東島 27 7勝6分7敗 +6
青葉 15 3勝6分11敗 -17
城南 14 3勝5分12敗 -21


12月2週 迎えたN2入替え戦。今季も十勝バロンとの一戦。
試合は21分、カウンターからあいこが独走し、先制点を奪うと
前半ロスタイム。再びあいこ が右サイドの角度のないところからシュート!
ボールはバーにはじかれるもひのくまがしっかりと詰めて追加点!
後半はしっかりと守備を固めて入れ替え戦勝利!

N2リーグ昇格が決定した!!

十勝バロン 0-2 WIN
[PR]
by fe-bull | 2012-08-18 23:03 | カルチョビット
今期は移籍はなし。
昨年と同じメンバーにて勝負をかける。
ただ、そろそろ世代交代も気にしなければならないかもしれない。

チームは開幕戦に向けて再び練習試合中心にトレーニングを行う。
さいじょう、どうめき、やくまるを集中的に特訓した。

3月3週、3年目のステップリーグ、ホームに城南を迎えて開幕する。
試合開始からジョケイバが城南を圧倒。
29分にまちだ、43分にあいこが得点を奪い折り返すと
61分、74分、ひのくま、80分やくまると後半にも3点を奪い大勝!
これ以上ないほどのスタートを切った!

H 城南タキオン 5-0 WIN


4月1週 第2節、昇格してきた青葉とのアウェイ戦。
開始直後の8分、むなかた が敵FWにプレゼントパス。失点してしまう。
その後、チャンスは作るもののシュートが枠に飛ばない。
44分、ひろおか のゴールキックが大きくバウンドし誰も触れない間に
さいじょう が落下点まで猛ダッシュ。そのままシュートを放ち同点とする。
後半に入ると攻めるジョケイバに対し、効果的なカウンターを狙う青葉。
56分、まちだ からのクロスをひのくま がバイシクルシュート!
見事に決まり逆転に成功する。
これで勢いづいたか、61分にはあいこ のシュートをひのくま が押し込み追加点。
65分にはクリアミスから1点奪われるも、逃げ切って2連勝!

A マルカトーレ青葉 2-3 WIN


4月2週 第3節、北野をホームに迎えての一戦。
ひのくま に代えてやまうち をスタメンに起用して臨む。
前半、やや北野ペースで試合は進む。16分にはセットプレイからPKを献上するも
PKはポストをたたき難を逃れる。
39分、きもつき のクロスをやまうち が頭で落とした所をあいこ がシュート!
先制点を奪う。
後半に入り、追加点を狙ってMFの選手交代を行ったが
これが裏目に出てしまう。85分、足が止まりつつあったDF陣の集中力が切れたか
ゴール前でお見合いをしてしまい、同点に追いつかれてしまう。
試合はそのまま終了し、引き分けとなった。

H 北野ブリザード 1-1 DRAW


4月4週 第4節、ホームで富士見との一戦。
前半、チャンスを多く作るもゴール前の精度を欠いて得点を奪えない。
そんな嫌な流れのまま後半に入ると
49分に失点してしまう。一気に流れが富士見へと傾き
防戦一方の展開に。81分にはPKを献上してしまい、点差を2点とされ
試合終了。ホームで悔しい敗戦となった。

H ダイハード富士見 0-2 LOSE


5月1週 第5節、東島に乗り込んでのアウェイ戦。
いまいちピリッとしないDF陣、きもつき、うえの、むなかたに
代えてひらお、ひろせ、すぎもとを起用した。
25分、あいこ の見事なボレーで先制する。
しかし、直後の28分に失点すると、あらゆるこぼれ球が相手に渡るように。
32分、41分と立て続けに失点。サポーターからも
「なにかがおかしい」と言われる始末。
後半に入っても流れを変えることは出来ず、試合終了。
2連敗となった。

A 東島ビクトリー 3-1 LOSE


5月2週 第6節、城南とのアウェイ戦。
連敗の嫌な流れからか、パスがつながらずチャンスすら作れない。
36分、中央を崩され失点してしまう。
後半に入り53分に左CKからひのくま が頭で合わせて同点とすると
流れが一気にジョケイバに。ボールを支配し、城南ゴールに迫る。
73分、右サイドを突破したゲマールがシュート!GK、DFと当たり
ゴール前で混戦となるが、最後はまちだ が押し込んで逆転!
その後しっかりと守り勝利!

A 城南タキオン 1-2 WIN


5月4週 第7節、青葉をホームにて迎え撃つ。
ボールを圧倒的に支配して回し続けるも遠目から無理なシュートを打つという
単調な攻撃に終始してしまい、期待感の薄い前半となった。
前半ロスタイムにむなかた、うえのがお見合いをしている間に敵FWにシュートを打たれ
失点してしまう。
後半に入りやっと目が覚めたか一気に攻勢を強めるジョケイバ。
50分、左サイドを突破したまちだ のクロスをあいこ が頭で合わせて同点とすると、
続く54分、あいこのスルーパスで再び左サイドに抜け出したまちだ がクロス。
中央で待ちうけていたゲマールがボレーを放つもバーに当たる。しかしこぼれ球を
再びまちだ が押し込んで逆転に成功する。
その後も何度も青葉ゴールに迫るが、追加点は奪えなかった。

H マルカトーレ青葉 2-1 WIN


6月1週 第8節、北野とのアウェイ戦。
前半はお互いに相手の出方をうかがうような立ち上がり。
中盤でのボールの奪い合いで時間が経過するような展開に。
後半に入ると試合が動く。
53分にセットプレーから失点してしまう。
どうもDFが安定しない。両ボランチにカバーリングを特訓したのが失敗したか?
うえの、むなかたがおらず、両ボランチが最終ラインにいる事が増えてしまった。
しかし、迎えた73分、途中出場のどうめき が左サイドを疾走し、クロスを上げると
あいこ がボレー!同点とする。勢いにのったジョケイバは
84分、ひのくま が下がりボールを受けて走りこんできたやくまるにパス。
やくまるはタメを作ってスルーパス。ライン裏のスペースに走りこんだのは
またもあいこ!逆転ゴールを奪う!

A 北野ブリザード 1-2 WIN


6月2週 第9節、富士見とのアウェイ戦。
3連戦の疲れかエースひのくまが絶不調。いつもなら決めるようなシュートが全く枠に飛ばない。
34分、サイドを崩され失点。その後も富士見の猛攻が続くもどうにか最小失点で切り抜けた。
57分、あいこ からのパスを受けたゲマールが丁寧にコースをついて同点においつくと
64分、再びあいこからのパスを受けたゲマールがPA内に侵入。GKが出てきたところで中央に走りこんできた
フリーのひのくまにパス。無人のゴールに流し込むだけだったが、シュートをふかしてしまい得点ならず。
最大のチャンスを逃した直後、
68分、ボランチさいじょう が最終ラインからのボールを不用意にドリブルした所をカットされ
失点してしまう。ひのくま にかえてやまうち を投入するも得点は奪えず、敗戦となった。

A ダイハード富士見 2-1 LOSE


6月4週 第10節、東島とのホーム戦。
前半、分厚い東島の中盤の前でボールがつながらず攻め手を欠くジョケイバ。
しかし、DFが踏ん張りを見せ、無失点で折り返す。
後半に入り、徐々にサイド攻撃が見られるようになると
左サイドでボールを受けたどうめき が中央にパス。パスを受けたひのくま が
しっかりと決めて先制!
59分には右サイドのゲマールがクロスを上げると中央のひのくま が滑り込みながらシュート。
GKに当たるもボールはゴールに吸い込まれた!
開幕戦以来の無失点で勝利!

H 東島ビクトリー 2-0 DRAW


前半戦を終えて2位につけた。
1位富士見が頭一つ抜けている。昨年まで安定していたDF陣が失点を重ねるのは
ポテンシャルが下がってきているからか、ボランチに行った特訓でバランスが崩れたのか?
あいかわらず試行錯誤は続く。。。


富士見 25 8勝1分1敗 +10
府中 19 6勝1分3敗 +5
北野 15 4勝3分3敗 +1
東島 13 4勝1分5敗 +1
城南 6 1勝3分6敗 -8
西条 6 1勝3分6敗 -10
[PR]
by fe-bull | 2012-08-15 20:02 | カルチョビット
7月2週 第11節、西条へ乗り込んでのアウェイ戦。
ひのくま、あいこ、しおた、すぎもとを休ませる作戦。
やまうち、みね、どうめき、ゲマールを起用。
17分、起用に応え、右サイドを突破したどうめきが深い位置から
ラストパス。これをやまうち が押し込んで先制点を奪う。
相手に主導権を渡さずこの1点を守りきり勝利!

A クラシコ西条 0-1 WIN


7月3週 第12節、東島をホームで迎え撃つ。
前節、サイドで良い動きをしていたゲマールを右サイドで起用。
前半から積極的にゴールを狙うジョケイバ。
11分、プレスから高い位置でボールをうばったきくち がスルーパス。
DFの裏に飛び出したひのくま が放ったシュートはポストに当たり
ゴールへ吸い込まれた!
ひろおか を中心に粘り強い守備を見せ無失点で切り抜けていた72分、
相手のヘディングシュートが決まったかと思ったがオフサイドで事なきを得る。
その後はしっかりと守って2連勝!

H 東島ビクトリー 1-0 WIN


7月4週 第13節、城南とのアウェイ戦。
試合はジョケイバがボールを支配する展開ながら、
ゴールが奪えないというなんともすっきりしない展開に。
しかし、前半終了間際、ゲマールの放ったシュートがGKに弾かれ
左CKに。あいこが蹴ったボールは中央でフリーとなっていたうえの に
トラップにもたついたが、しっかりと蹴りこんで先制!
後半に入っても流れは変わらず城南に反撃の隙を与えない。
迎えた87分、相手の中途半端なクリアをあいこが胸トラップから
ダイレクトボレー!とどめの一撃をつきさした。
3連勝!

A 城南タキオン 0-2 WIN


8月3週、第14節、首位富士見をホームで迎え撃つ!
自陣でチャンスを伺い、隙あらばシュートを狙う展開となったが、
シュートは力なく枠を外れるばかり。
28分、自陣での横パスをカットされ失点。
なんど同じミスを繰り返すのか。。。
しかし、直後の31分、あいこのスルーパスに反応したゲマールが
同点ゴールを奪う!サイド起用が良い結果に!
その後は一進一退の攻防が続く。
このまま試合終了かと思われた89分、しおたの放ったシュートはGKに弾かれるも
DFのクリアがしおた に当たりこぼれた所にいたのは
ひのくま!逆転ゴールを奪い、4連勝!
天王山を制し、勝ち点差2に迫る。

H ダイハード富士見 2-1 WIN


8月4週、第15節、北野とのホームでの一戦。
前半は北野ペースで進むも、最後のところで踏ん張り無失点で切り抜けた。
しかし、後半開始早々、PA内でユニフォームを引っ張りPKを献上。
これを決められ先制を許す。
これで目が覚めたか徐々に攻撃する姿勢を見せる。
57分、相手のクリアミスをひのくま がダイレクトに蹴り返し同点ゴール!
続く68分には右CKにヘディングを合わせたのは再びひのくま!
エースの2得点で逆転勝利!5連勝で、勝ち点で首位富士見と並んだ!

H 北野ブリザード 2-1 WIN


9月3週 第16節、西条をホームに迎える。
キックオフからスルスルっとひのくまが左サイドへとドリブルで持ち上がり
中央へパス。オーバーラップしていたむなかた が驚きのループシュートを決めて先制。
勢いづいたか、DF陣も前線に顔を出して攻めるもゴールは生まれない。
19分、1点目で気をよくしたのかまたもむなかたが攻め上がっていたところに
カウンターを食らい同点とされてしまう。
後半51分、セットプレーからのボールをひのくま、ゲマール、あいことつなぎ
あいこの強烈なシュートで再び突き放す。
65分には高い位置でボールをうばったあいこ がスルーパス。これをひのくまがきっちり決めて
2点差とし、6連勝!
富士見が引き分けた為、勝ち点差2で単独首位に!

H クラシコ西条 3-1 WIN


9月4週 JAPANCUP1回戦。
N1のフォルティール浜松との試合。GKひろおかを除くメンバー総入れ替えで勝負を挑むんだ結果
マックイーンにハットトリックを許し敗戦。

フォルティール浜松 0-3 LOSE


10月1週 第17節、アウェイに乗り込み東島との一戦。
開始早々に左CKから失点してしまうと防戦一方の展開に。
36分にも同じくCKから失点し2点差とされてしまう。
後半、点を取りに行くべく前がかりとするも
一度崩れたリズムがなかなか戻らず57分にも失点。
ロスタイムにも失点し、大敗を喫する。
富士見は引き分けた為、かろうじて勝ち点差1で首位をキープ。

A 東島ビクトリー 4-0 LOSE


10月2週 第18節、ホームにて城南との試合。
ひのくま、ゲマール、やくまるを休ませ試合に臨む。
先発起用にこたえたやまうち が34分に先制点を奪う。
しかし、前半ロスタイム、クリアボールを拾われてロングシュートを
打たれると見事な弧を描き、同点ゴールを奪われてしまった。
後半開始からやくまる を投入しゴールを狙うもなかなかリズムがつかめない。
ゲマール、しおたを投入し得点を奪いに行くが80分、PA内でファウルしPK献上。
一度はひろおか が弾くも詰められて逆転を許してしまう。
前がかりとなりすぎて足が止まってしまい、89分にも失点し万事休す。
ホームで勝利を挙げることが出来ず2連敗で首位陥落。

H 城南タキオン 1-3 LOSE

あわてて好守の意識を切り替えたり、選手起用の失敗など
明らかに監督の采配ミスでの2連敗。残り2節、選手を信じ戦う!


10月4週 第19節、首位富士見とアウェイでの天王山!
前半アウェイながらジョケイバペースで試合が進む。
36分、スルーパスで右サイド深くまでオーバーラップしたきくち からの折り返しを
すぎもと がシュート!バーに当たってしまうが、跳ね返りをあいこ が頭で押し込んで
先制点を奪う!
後半開始早々、カウンターを食らい同点に追いつかれてしまう。
しかし、60分、左サイドのまちだ のアーリークロスをひのくま がDFに体を上手く当てて
フリーで受けると左足一閃!勝ち越しゴールを奪った!
富士見も反撃を試みるが、むなかた、うえのを中心に粘り強く跳ね返す。
ロスタイム、相手のCKのチャンスにGKが上がってきてヘディングシュートを打たれるも
バーを直撃。アウェイでの天王山を制し、首位を奪還した!!

A ダイハード富士見 1-2 WIN


11月3週 最終節。北野ブリザードとのアウェイ戦。
勝てば文句なしで優勝。引き分け以下の場合は富士見の結果次第という状況。
前半開始直後から北野ゴールに迫るがゴール前までボールは運ぶものの、
最後の決定力を欠いて得点は奪えない。攻めるもののなかなか得点が奪えず
嫌な流れとなりかけていた42分、自陣でパスを回していたところから
縦パスでスイッチを入れ、やくまる から右サイドのまちだ へ。
まちだがすかさず前線にロングフィード。あいこ が走りこんだ動きに
GKとDFがつられてひのくま がフリーに。ヘディングを合わせて先制点を奪う!
後半立ち上がりから北野の攻撃になんどもゴールを脅かされる。
最大のピンチは70分、中盤の奪い合いからこぼれた所からあがったアーリークロスを
頭でつながれ蹴りこまれたが、ぎりぎりオフサイドで事なきを得る。
最後まで集中して1点を守りきり、ステップリーグ優勝!
N2入れ替え戦に進むこととなった!!

A 北野ブリザード 0-1 WIN


府中 40 12勝4分4敗 +10
富士見 36 10勝6分4敗 +17
東島 33 9勝6分5敗 +10
北野 27 7勝6分7敗 +1
城南 24 7勝3分10敗 -9
西条 7 2勝1分17敗 -29


12月2週 迎えたN2入替え戦。十勝バロンとの一戦。
優勝の勢いそのままに十勝ゴールに迫るジョケイバ。
17分、ゲマールの折り返しをすぎもと がシュート!DFに当たり再び
すぎもと の足元へ転がると今度はふわりとしたパスを選択。
これにひのくま がダイビングヘッドで合わせて先制点を奪った!
その後も押し気味に試合を進め前半を終了する。
後半に入っても押し気味に試合を進めていたが、
63分、うえの のクリアミスが相手FWにわたってしまい失点。
ここから十勝が息を吹き返し、猛攻にさらされる。
83分、中途半端なクリアボールを拾われ、アーリークロスを上げられると
むなかた のジャンプも届かず相手FWにゴールを奪われ逆転を許してしまう。
交代を支持するも、その後ボールは途切れることなく試合終了となった。
残念ながらN2への昇格はおあずけとなってしまった。。。

十勝バロン 2-1 LOSE
[PR]
by fe-bull | 2012-08-11 23:03 | カルチョビット
GKはるか が活躍の場を求めN1の富山へ移籍してしまった。
契約更改したので油断していたが、カップ戦1度の出場では
彼女を引き留める事はできなかったか。。
しかし、移籍してしまったものは仕方が無い為、新たにオファー

京都ブロス GKいちょう 100万円
新町ルドルフ DFなんばら 50万円
白浜イレブン MFみきもと 100万円

GKいちょうには断られたため、
新町ルドルフ GKつなしま 250万円にオファーし、獲得。

22名となり、練習試合とステップリーグで選手のローテーションが
行えるようになった。

チームは開幕戦に向けて再び練習試合中心にトレーニングを行う。
ひのくま が特訓した結果、中盤の底までボールを受けに下がってくるように
なってしまった為、ゴール前に待機しそうな特訓に変更しなければ。

中盤はまちだを除き、「トライアングル」でパスサッカーの意識づけを行う。
DF陣は今のままでそんなに大崩れしない事が昨年を通してわかったので特に特訓は行わず。

また、いざという時の為に、FWやまうちを集中的に特訓する事にした。
2月3週まで特訓を行い、開幕までの4週間は特訓を行わずに開幕戦に備える。

3月3週、迎えた2年目のステップリーグ開幕戦。
アウェイで昇格した西条と対戦する。
開始からめまぐるしく主導権が入れ替わる展開に。
お互い決定機を作るが、ジョケイバはシュートが枠をとらえれない。
一方、相手の決定機には、GKひらおか がファインセーブを連発。
前半だけで3失点してもおかしくない状況だった。
後半に入り疲れがみえる西条に対し攻勢を強めていく。
67分、中盤でボールを奪ったきもつき からのロングフィードが
攻め上がっていた相手DFの裏のスペースに入り込んだフリーのゲマールへ。
GKとの1対1を冷静に決めて先制点!
この1点が決勝点となり、開幕戦を勝利で飾った!

A クラシコ西条 0-1 WIN


4月1週 第2節、東島をホームにて迎え撃つ。
前節に続き、ホームでの勝利を狙うジョケイバだが、ボール支配率は高いものの
遠目からの力ないシュートで攻撃を終わる事が多く、決定機を作れない。
相手にチャンスらしいチャンスを与えないが、こちらもチャンスを作れず
スコアレスドローとなった。

H 東島ビクトリー 0-0 DRAW


4月2週 第3節、城南とのアウェイ戦。
前半、しっかりとした守備意識を持って試合を臨んだジョケイバが
試合を支配。相手のシュートを1本に抑える事に成功した。
後半に入り勝負を仕掛ける。
48分、中央のゲマールが左サイドにしおた を走らせる正確なパス。
相手との競り合いにかったしおた がラストパス。ひのくま がきっちりと合わせて
先制点を奪う。
勢いにのり攻撃の手を休めないジョケイバは、58分、ゴール右やや遠目からのFKを得る。
キッカーはあいこ。目の覚めるようなFKが直接ゴールに吸い込まれ追加点!
更には75分、今度は右サイドにいたゲマールがDFを引き付けてラストパス。
中央のひのくまが泥臭く押し込んでダメ押し!
3ゴールを奪う快勝となった。

A 城南タキオン 0-3 WIN


4月4週 第4節、ホームで富士見との一戦。
ここまで無敗のジョケイバ。ホームで富士見を叩けるか?
前半、ホームで出足鋭いジョケイバが優位に試合を進めるも、
決定力不足は相変わらずでボールが枠を外すか、力の無いシュートが相手GKに届くばかり。
後半63分、中途半端なクリアがフリーの相手にわたってしまいゴールを奪われる。
攻めに転じたいジョケイバだったが、ボールが途切れず選手交代が行われぬまま
試合終了となってしまった。

H ダイハード富士見 0-1 LOSE


5月1週 第5節、ホームに北野を迎えての一戦。
ホームながら、守備的な戦いを選択してしまった為、
自陣からなかなかボールが前に進まない。ただただ時間だけが経過する
前半となってしまった。
後半から好守バランスを意識するように変更。
だが、スイッチが切り替えられなかったか、なかなか攻め入る事が出来ない。
ボールは支配するもののチャンスを作れずスコアレスドローとなった。

H 北野ブリザード 0-0 DRAW


5月2週 第6節、西条をホームに迎える。
連戦に備え、ゲマールを休ませやくまる をスタメンに起用。
試合開始から積極的に攻撃を仕掛けるジョケイバ。しかし、前がかりとなったところで
カウンターをくらってしまい、相手の初シュートで先制点を献上してしまう。
しかし、直後の22分、左サイドのしおた から中央のひのくま へ。ひのくま がヒールで落とした所に
走りこんだすぎもと がダイレクトで右サイドまちだ へ。まちだもボールに追いつきダイレクトで
中央に折り返すとひのくま が合わせて同点とする!
これで勢いにのったジョケイバは36分、まちだ からのロングフィードに抜けだしたのは
再びひのくま!逆転となるゴールを奪う!
後半に入りしっかりとボールを回しつつチャンスをうかがう。
55分、最終ラインからのロングフィードをすぎもと がキープしシュート。
これは前にいたひのくま に直撃するも、こぼれ球はあいこ の足元に転がりミドルシュート!
見事に決まり突き放す。逆転勝利でホーム初勝利を手にした!

H クラシコ西条 3-1 WIN


5月4週 第7節、東島とのアウェイ戦。
アウェイということで守備意識を高めて試合に臨んだ結果、
やはり自陣でのボール回しに終始してしまい、ボールが前に運べない。
37分、相手左CKをひのくま がクリアミス。相手にギフトパスとなってしまい、
先制点を奪われる。
後半に入り、1点を取りに行くが前がかりとなった相手の圧力に
ゴールキックを奪われては攻められるという展開に。
結局、シュート4本に抑え込まれ敗戦となった。

A 東島ビクトリー 1-0 LOSE


6月1週 第8節、城南をホームに迎える。
前節攻撃が機能しなかったため、ゲマールに代えてやくまる を再び起用する。
21分、むなかた が空けたスペースを突かれ失点。たまに攻め上がってしまうので特訓が必要か。
30分、中盤でのボールの奪い合いからボールを受けに下がったひのくま に。すかさず右サイドへ
スルーパス。これに走りこんできたのはオーバーラップしたDFきくち。
GKの股を抜くシュートで同点とする!
後半に入るとやくまる が先発起用に応える活躍を見せる。
51分、やくまる が左サイドに流れていたあいこ に正確なパスを通すと
あいこ がGKを見て技ありのループシュート!勝ち越しに成功する。
68分には右サイドからのクロスを相手DFがクリアしたボールをセンターライン上でキープした
やくまる がスルーパス。密集を抜けたボールは再びあいこ へ。
今度は強烈なシュートと突き刺しリードを広げた。

H 城南タキオン 3-1 WIN

無特訓のやくまる が活躍するということは現在のシステムでは
ゲマールに行った特訓は失敗だったか。試行錯誤は続く。


6月2週 第9節、富士見とのアウェイ戦。
ゲマールに代えてしばらく やくまるをスタートで起用することに。
前半、ボールを支配するも、前線にまでボールがつながらないという展開に。
前半終了間際の44分、うえの の横パスをカットされ失点してしまう。
後半、疲れの見えるひのくま に代えてやまうちを投入。直後の64分、
相手ゴールキックをすぎもと が競り合いやまうち へ。やまうち は一瞬タメを作った後
スルーパス。あいこがDFの裏を取り同点のミドルを突き刺した!
最後まで攻めの姿勢を見せるも得点は奪えず、ドローとなった。

A ダイハード富士見 1-1 DRAW


6月4週 第10節、北野とのアウェイ戦。
ひのくまに代えてやまうちを起用。
試合は前半からジョケイバペース。相手のシュートを1本に抑え込む。
しかしこちらはゴール前での決定力を欠いて得点は奪えず。
後半59分、中央で細かいパスをつながれて失点してしまう。
75分、しおた からのパスをやまうちがDFを一人かわしてシュート!
同点に追いつく。試合終了間際にはやまうちがGKと1対1となるも
シュートは左にそれてしまい、試合終了。

A 北野ブリザード 1-1 DRAW


前半戦を終えて得失点差ながら2位につけた。
1位富士見が頭一つ抜けて北野と東島が混戦模様。
地味ではあるが、特訓で中盤にトライアングルをさせた効果か?


富士見 21 6勝3分1敗 +15
府中 16 4勝4分2敗 +6
北野 16 4勝4分2敗 +4
東島 16 4勝4分2敗 +1
城南 7 2勝1分7敗 -13
西条 6 2勝0分8敗 -13
[PR]
by fe-bull | 2012-08-08 20:03 | カルチョビット

3年目ステップリーグ

f0044364_20525253.png


補強を加え、22名となったジョケイバ。
特訓も少数人数にしか行っていないため、ステータス的にはまだまだ。
しかし、前半戦を終えて2位と好位置につけている!

プライベートでバタバタしましたので、詳細は別記事にします。
[PR]
by fe-bull | 2012-08-01 20:54 | カルチョビット