昼は仕事。帰宅後は育児。そして夜にGAMEをしようと画策するも子供と一緒に寝てしまう男の日記。


by fe-bull
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2012年 07月 25日 ( 1 )

2年目ステップリーグ

3月3週 ステップリーグ開幕戦。アウェイで城南との戦い。
新戦力のゲマールをトップ下、あいこを左ボランチに起用。
開始早々、PKを与えてしまうもボールは枠外で命拾い。
試合はジョケイバがボールを保持して優位に進むもゴールは奪えない。
後半に入ってもジョケイバペース。
しかし迎えた78分、中盤でのボールの奪い合いから
ロングボールが放り込まれる。DFうえの と相手FWが競り合い、
うえのが倒されるも笛はなし!GKとの1対1を決められ失点してしまう。
これが決勝点となり開幕戦をおとしてしまう。

A 城南タキオン 1-0 LOSE

更に試合後、うえのが怪我をしていることが判明。
挫傷で3週間の離脱となってしまった。


4月1週 ホーム開幕戦。北野との一戦。
試合は開始から終始北野ペース。
なかなか攻める事が出来ない。特訓の成果か、
まちだ がサイドに張って何度かパスが通るも
まちだからのパスが力なくカットされることがしばしば。
後半に入っても防戦一方の展開で、59分ついに失点を許してしまう。
これで相手が少し引いたこともあり、
少しづづ攻撃の形が作れるようになった。
終了間際の88分、まちだ が右サイドで待ち構えているところに
あいこからのするどいパス。まちだがあげたクロスにボレーで合わせたのは
ひのくま!同点ゴールを奪い、連敗は阻止した。

H 北野ブリザード 1-1 DRAW


4月2週 第3節、ミサトFCとのAWAY戦。2連戦
試合は出足鋭いジョケイバが多くチャンスを作るも
ゴールは奪えない。前がかりになった一瞬の隙を突かれ
カウンターを許してしまい失点。
その後も幾度も決定機を作るも相手GKの好守やシュート精度の問題で
ゴールが奪えない。攻め続けるジョケイバが57%のボール支配率となったが
最後まで得点を奪う事が出来ず敗戦となった。

A ミサトFC 1-0 LOSE


4月4週 第4節、ホームにて東島ビクトリーを迎え撃つ。
ホームで負けられないジョケイバだが、18分綺麗に崩され失点してしまう。
その後もペースは東島のまま。なんとか反撃したいが
ボランチにボールが収まらず相手に攻め続けられる展開に。
後半に入り、相手が引いた事で、少しづつ前線までボールが運ばれるようになるも
ゴールは遠く2連敗。

H 東島ビクトリー 0-1 LOSE


5月1週 第5節、ホームで富士見との対戦。
開始5分、あいこ のスルーパスにしおた が走り込みシュート。キーパー、DFと当たり
こぼれたボールにひのくまが滑り込んで先制ゴールを奪う。
これで勢いに乗ったジョケイバは16分、ひのくまのヒールパスを受けたあいこ が
PA外から強烈なミドルシュート。GKは弾くので精いっぱい。このリバウンドに詰めたのは
ゲマール。流し込み追加点を奪う。
後半に入ると富士見が前がかりとなり、防戦する時間が増える。
それでもGKひろおか を中心に粘り強く守る。
84分にカウンターからどうめき ゲマール と渡りミドルシュート!
駄目押しを奪い、ステップリーグ初勝利となった!

H ダイハード富士見 3-0 WIN


5月2週 第6節、ホームに城南を迎える。
やや城南ペースで試合は進むも迎えた32分、あいこ のスルーパスで
DFラインの裏に飛び出したゲマールが2戦連続となるゴールを奪い先制!
後半、開始早々に超ロングシュートを決められ意気消沈したのか、
その直後にも失点し、逆転を許してしまう。
ホームで負けられないジョケイバは攻撃的に戦術を変更し、
ゴールに迫るも得点は奪えず。
ロスタイムにはカウンターから失点し、3失点での逆転負けとなった。

H 城南タキオン 1-3 LOSE


5月4週 第7節、北野とのアウェイでの戦い。
試合は北野に押し込まれる展開に。ゴールキックがボランチに収まらず
攻める事が出来ない。28分、ついに失点を許してしまう。
チャンスが少ないジョケイバだったが、
38分、相手ゴールキックをすぎもと が競り合いこぼれたボールを拾った
あいこ がロングシュート!強烈な一撃が決まり同点とする。
後半に入っても北野主導の試合のまま。
60分に決勝点を許してしまい、良い所なく連敗となった。

A 北野ブリザード 2-1 LOSE


6月1週 第8節、ミサトFCをホームにて迎え撃つ。
疲労しているまちだに代えてどうめきをスタメンに。
13分、ひのくま のスルーパスに抜け出したあいこ が強烈なシュート。
幸先よく先制点を奪うと28分、ひのくま のシュートがこぼれたところに
ゲマールが頭から飛び込み追加点。更には45分、右CKからの混戦で
ボールがこぼれた先にいたのはきもつき!ミドルシュートが決まり前半で3点を奪う。
後半に入ってもジョケイバペースで試合は進む。
59分、スルスルっとPA内に侵入したどうめきが倒されPKゲット。
これをあいこ がきっちりと決めて4得点。
リードをしっかりと守りきり快勝。

H ミサトFC 4-0 WIN


6月2週 第9節、東島とのアウェイ戦
連戦で疲れの見えるゲマール、あいこ、まちだをスタメンから外すが
東島の圧力に防戦一方の展開に。前がかりのチーム相手となると
ゴールキックがまったく収まらず常に攻め続けられる展開となってしまう。
27分、30分と立て続けに失点。
後半、ゲマール、あいこ、まちだを投入するも流れは変えられず、
ロスタイムにも失点し良い所なく敗戦。

A 東島ビクトリー 3-0 LOSE


6月4週 第10節、富士見とのアウェイ戦。
休養したチームは前半は富士見を圧倒。
支配率60%にて富士見ゴールを脅かすも決定力を欠いてしまい
ゴールが奪えない。
後半に入ってもペースはジョケイバであるものの
打たれた2本のシュートで2点を失ってしまう。
68分、右サイドを突破したまちだ のクロスにいのくまが合わせて
1点を返すが反撃もそれまで。2連敗となった。

A ダイハード富士見 2-1 LOSE


前半戦を終えて、2勝1分7敗で5位という結果に。
やれないことはないという微かな手ごたえの反面、
大きな実力差を感じる前半戦となった。
[PR]
by fe-bull | 2012-07-25 23:58 | カルチョビット